NEWS

  • 2014年11月10日

BAtoMA informationで、新作を展示しました

「BAtoMA information」で新作を発表しました。

2014年10月31日(金)〜11月3日(月・祝日)に開催された「BAtoMA information」で新作プロダクトを発表しました。ブースにお立ち寄りいただいたみなさま、ありがとうございました。

長坂常(スキーマ建築計画)が、オランダのロイドホテルのためにデザインし、イチロが 製作したスツール「SHIBARI」、DRILL DESIGN のディスプレイブックシェルフ「TOTE」、角田陽太さんの「ガラス玉ホルダー」、 神戸芸術工科大学のデザインプロジェクトDesign Soilのメンバーで現在スイスに留学中の学生岩元航大さんがデザインした「ハーフスロットル」シリーズ、野本哲平さんの愛らしい”ウマ”「プライウッドのポニー」、トラフ建築設計事務所の新作「ドールハウスチェア」、TAKT PROJECTのデザインによる「カンガルースツール」と「tomarigi」、ENERGY MEETによる「ジグザグテーブル」「1.06フロア」、mountain house architectによる「45Lクッション」、それにミナ ペルホネンのインテリア用テキスタイル’dop’のタンバリン柄を使ったコロロスツール、そしてこれまで伊千呂が発売したコロロデスクやスコラデスク、bendなど、盛りだくさんの展示でした。

BAtoMA informationでの伊千呂の展示

11月1日(土)のトークイベントでは、イチロの展示のスタイリングを手がけてくださったインテリアスタイリストの作原文子さんと、トラフ建築設計事務所の鈴野浩一さんが、デザインプロデューサーの紫牟田伸子さんの司会により、スタイリングの秘訣やデザインのポイントなど、たっぷりお話いただきました。

トークショーの様子。右から作原さん、鈴野さん、紫牟田さん

新作は11月下旬より発売する予定です。
どうぞお楽しみに!
ご購入の前に知っておいて欲しいこと